PERFORMANCE事例紹介

装置チーム

三菱重工機械システム、JIMテクノロジーを中心とした顧客に対して、各種機械装置やトンネル掘削機関連設備の設計・製作・現地での据付を行っています。機械設計のみならず電気制御設計まで幅広い分野に対応可能で、また、大型の組立工場を有しているため、開発・試作段階からサポートを行うことができます。

油圧揚重方式搬送装置

特殊用途で使用される揚重搬送装置です。 揚重は電動油圧ポンプ+油圧シリンダ、走横行はモータで駆動します。 揚重機構が非常にコンパクトに設計されており、揚程や設置スペースの少ない場所での大型重量物の揚重・搬送に適しています。弊社はこのような顧客の要望・用途に合わせた装置開発品や、試験装置等の設計・製作も行っております。また、従来の機械設計・製作に加え、電気制御設計(PLC含む)も実施できる体制を構築し、機電一括での装置設計・製作が可能となりました。

揚重搬送装置外観
制御盤
電気図面作成風景

トンネル掘削機後続台車

直径約16mのトンネルを掘削する機械の後続部分は総重量200t、工期は2年におよぶ、弊社でも最大級の製品です。幅・奥行・高さそれぞれ10mを超える巨大な設備全体の構想計画から細部の配管計画に至るまでを、2D-CAD、3D-CADを用いて設計しています。また、製作においては、1万点を超える部品を用いて、複雑な油圧配管の製作・組立を行っています。顧客の要望で、現地へ技術者を派遣し、組立指導を行った実績もあります。

トンネル掘削機後続台車(全体)
トンネル掘削機後続台車(部分)
トンネル掘削機後続台車(図面)

大型ロケット移動発射台(Movable Launcher)

新型大型ロケット(H3ロケット)発射設備の一部設計、製作、種子島宇宙センター現地での据付工事を行いました。幅・奥行25m・高さ60mにもおよぶ巨大な装置製作は天候にも左右されるなど、弊社でも過去に実績のない案件でしたが、無事に製作を終え、これから実際にH3ロケットでの発射が予定されています。 ※H3ロケットはH-ⅡA/Bロケット後継機として開発されている

H3ロケット用大型移動発射台全体
H-ⅡBロケット・大型移動発射台を含む発射場全体

「(C)2019 三菱重工業株式会社/宇宙航空研究開発機構(JAXA)」

循環水管チーム

三菱パワーを中心とした顧客に対して、火力発電所設備用循環水管などの製品径1,000㎜~4,550㎜に及ぶ大口径配管の設計~製作~製品納入を行っています。人間の身長より遥かに大きな大型の製缶・構造物製作を得意としています。

火力発電設備用 循環水管

火力発電所設備内で発生した高温蒸気を冷却する大口径配管『循環水管』の設計~製作~製品納入を行っています。地面に埋設される配管の土圧計算などの特殊な強度計算も含めた設計から材料手配のみで数ヶ月を要する製作、陸路や海路での製品納入など、工期が複数年にわたる複雑な案件にも対応しています。20年を超える循環水管製作の実績やこれまで培ってきた溶接技術・製缶組立技術を製品製作に活かしています。

火力発電所の仕組み
製作図
配管図
循環水管

大型・異形配管

大型の製缶品を得意としていますが、大型でさらに特殊な形状の製品製作の実績もあります。 弊社過去製作最大径より1m以上も大きい製品径4550mmという巨大な水圧鉄管「曲管」や径2400mmと1800mmの循環水管を角度30度で分岐させた「Y分岐管」、断面積が次第に縮小しながら角度をつけていく難度の高い形状である水圧鉄管「漸縮曲管」など、過去に経験のない製品製作においても顧客からの高い製品要求に応える製品製作を行っています。

Y分岐管製作時
4550mm曲管完成時
漸縮曲管平面図

ユニットチーム

神戸製鋼所を中心とした顧客に対して、圧縮機ユニットやVALVE STANDなどの配管設計~組立を行っています。グループ会社間で分かれていた設計部門・製作部門が事業部門移管でより緊密となり、設計製作一括対応できるようになったことで、対応領域を広げています。

配管ユニットの設計

圧縮機(コンプレッサー)を含むユニットや潤滑油配管を含むユニットなどの配管設計を行っています。ユニットの操作性や完成状態をイメージして3Dで計画を行うことで、配管や機器の干渉が視覚的にわかりやすくなるため、限られたスペース内で複雑な配管ルートを提案することができ、製作時に必要な部品表や2Dの製作図面が容易に作成できるなど、より顧客要求に応えられる設計を行っています。

潤滑油ユニット 3次元計画図
潤滑油ユニット 2次元配置図

圧縮機ユニットの組立

複雑な配管ルートを持つ配管径6A(10.5mm)~100A(114.3mm)程度の小口径配管と圧縮機などの機器を組み合わせて、ユニット組立を行っています。 3D-CADで設計された図面を基に鋼管パイプ加工に加え、小径で”TUBE”と呼ばれているパイプを駆使して機器をつなぎ合わせる技術は、顧客事業の成長と共に需要が増し、急な改造や工程変更にも柔軟に対応しています。顧客ニーズに合せた配管ASSYは、無駄のないオリジナル製品を完成させています。

潤滑油ユニット
コンプレッサー(圧縮機)ユニット
コンプレッサー(圧縮機)ユニット

配管チーム

三菱パワー・川崎重工業を中心とした顧客に対して、発電用タービン周辺配管システムの設計・配管の製造・組立を行っています。グループ創業当時からの事業を弊社で継続し、製品径13.8㎜~400㎜をメインに、配管1本からユニットなどの大型製品まで幅広い配管製品製作に対応しています。

発電用タービン周辺制御ユニット

発電用タービンに使用される高温・高圧配管を多数組み合せて完成する製品は、大きいもので幅3m、奥行10m、高さ3mを超えるものもあります。 マニホールド(燃料分配配管)や燃料ガス流量調整ユニットなどの発電用ガスタービン周りの主要工事は、特殊な形状ゆえの図面の読解力や加工の難しさ・溶接技術を評価いただき、長らく弊社が製作している製品です。例えば、マニホールドは加工の都合上、実際の製品を90度回転させた状態で加工・組立を行っています。

マニホールド(燃料分配配管)
マニホールド(燃料分配配管)
燃料ガス流量調整ユニット